犬と暮らす

ドッグフードの選び方

ドックフードの種類

ドックフードには様々な種類があります。

カリカリと言われるドライフードや缶に入っているドックフードなどが主なドックフードとして市販されています。

自分の愛犬の食事、健康のことですから、飼い主としてドックフードをしっかりと選び、愛犬の食事に気を使うのは飼い主として当然の義務でもあります。

ドライフードは、一般的にカリカリと言われるタイプの乾燥したドックフードで、様々栄養素を配合し、愛犬の顎の退化を防ぐ目的でも多少硬くなっています。

費用面では非常に安価になっていますので、多くの愛犬家が愛用しているのが、このドライフードではないでしょうか。

対して、缶に入ったドックフードは、ウェットなものが多く、生感があるため、愛犬も比較的喜んで食べるようです。

配合されているのは肉類など生の素材を使い、缶詰にしたものですので、歯応えはあまりありません。

栄養のバランスもいいですが、反面、費用的には若干高くつくと言うのが難点でしょう。

ドックフードには様々なものがありますが、ドライフードも缶フードもどちらにもいい点、悪い点があります。

どちらか一つと言うのではなく、どちらも使うと言うのが一般的なドックフードの選び方なのかもしれません。

愛犬のためのドックフードの選び方

愛犬の食事を考えた時、必ず選ばなければいけないのがドックフードになります。

様々なドックフードがある中、自分の愛犬にあったドックフードを探すと言うのは、なかなか苦労があります。

愛犬のためのドックフードの選び方をしっかりと心得、愛犬の健康管理を行うようにしましょう。

ドックフードの選び方として、まず重要なのが、ドックフードに使われている成分になります。

いかに安くとも、中に入っている成分がよくなければ、愛犬の健康も維持することは出来ません。

ドックフードの選び方として、まず考えなければいけないのは、ドックフードに使われている成分です。

ドックフードの成分としては、ウェット缶などでは肉類が使われています。

この肉類もどのような肉を使っているのかと言うこともチェックする必要があるでしょう。

豚なのか、牛なのか、ウサギなのか。

肉と一言に言っても、様々な種類があります。

また、肉類だけを使われているドックフードでは、栄養のバランスもよくはありませんから、トータル的に栄養バランスのいいドックフードを選ぶ必要があります。

現在では、ドックフードにも実に多くのものがあります。

ドライフードでも、ベジタブル、ミートなど愛犬の健康のために栄養バランスのいいドックフードが多くありますから、ドライフードであれば、それらを混ぜると言うのも

一つのドックフードの選び方の一つでしょう。

ウェット缶にも同様に種類がありますが、2缶を混ぜると言うのは、費用としても量としても多くなってしまいますので、日替わりなどで出すなど使うことでバランスの調整をするようにするといいかもしれません。