犬の病気

下痢をする病気

下痢をした場合の原因の特定

愛犬が下痢気味になっている場合、何かしらの体調不良であることは誰の目にも明らかでしょう。

自分の愛犬の調子が悪い場合、楽観的に考えずに原因の特定が必要になってきます。

下痢になる場合には、大きく分けて2種に判別されます。

下痢の原因になっているのが、小腸に異常があるのか、大腸に異常があるのかと大まかに判別することで、ある程度の状態を把握する事が出来ます。

小腸である場合、栄養を十分に吸収する事が出来ずに体重の減少などが引き起こされます。

大して大腸の場合、水分を吸収しなくなりますので、小腸で栄養を吸収されているため、体重の減少は見られません。

下痢の原因が小腸にあるのか、大腸にあるのかと言う事を知っておくことは非常に大切ですので、愛犬の便をチェックするなどして健康管理には十分に注意しておく必要があります。

下痢になる原因には寄生虫も

内臓に異常がないのに下痢になるということも少なからずあります。

そうした場合、疑わしいのが寄生虫などの存在になります。

人と違って、犬の場合には様々な寄生虫がいることがあります。

特に拾い喰いなどをする事がありますので、そうした時に寄生虫に感染する可能性が高くなります。

寄生虫に感染することによって、下痢を引き起こすと言う事もありますので、寄生虫の検診を受けるなどして発見次第駆除するようにしましょう。

寄生虫の検診の目安は、室内犬であれば年2回、室外犬であれば年4回程度が目安になります。