犬の病気

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは犬もなる

椎間板ヘルニアと言えば、人間がかかる脊椎の異常と言う認識の多い方もいるかもしれません。

しかし、犬にも椎間板ヘルニアになる事があり、特にダックス系のような軟骨異栄養症性犬種に多く見られる病気になります。

椎間板ヘルニアになる可能性があるのは、激しい運動を行ったり、肥満や骨の老化などで引き起こされる可能性があります。

特に体を捻ったり、飛んだり、跳ねたりといったような激しい運動を日常的に行っている場合には十分に注意が必要になります。

椎間板ヘルニアになった犬は背骨に触れられるのを嫌がるなどの反応を見せるようになり、走ったりといった運動をあまりしなくなります。

こうした症状が見られた場合、出来るだけ早く獣医師に診てもらうようにするといいでしょう。

椎間板ヘルニアの治療は?

犬の椎間板ヘルニアの場合、重症であれば外科的治療を行うようになりますが、軽度の場合には薬で痛みを抑える内科的治療になります。

安静にしておくことで状態の自然的改善を行いますが、それでも効果が見られない場合には外科的治療となります。

治療後にはリハビリなどを行い、運動能力の回復や神経機能の回復を行うようになります。

この辺りは人間の椎間板ヘルニア治療と大差ないかもしれません。

椎間板ヘルニアになれば、痛みや運動の制限など、犬にとってもストレスの溜まる生活が待っています。

そうならないためにも椎間板ヘルニアにならないように、日ごろからの予防が必要になってきます。

体を捻るなどの激しい運動は出来るだけ控え、段差を上り下りさせるなど、背骨に負担のかかる運動は避けるようにするといいでしょう。

これらに注意をするだけで、椎間板ヘルニアのリスクを大きく減らすことが出来ます。