犬の病気

心臓病

犬によく見られる心臓病

生きている限り、心臓が動いて活動を行っています。

犬も例外ではなく、必ず心臓が動いています。

その心臓に何かしらの異常がある場合、最悪、命を落とすこともあります。

人間でも心臓病は重篤な病気だと言われているように、犬にとっても心臓病は重篤な病気となります。

犬によく見られる心臓病としては、僧帽弁閉鎖不全症になります。

犬の心臓病の70%程度が僧帽弁閉鎖不全症と言われるほど、犬の心臓病の多くを占めています。

他にも心筋症、心肥大、心筋梗塞なども犬の心臓病によくあります。

日常の食生活などによって心臓に負担がかかると、これらの心臓病にかかるリスクもあがってきますから、飼い主として、愛犬の食事制限をし、健康管理をしっかりと行わなければいけません。

遺伝的な心臓病

心臓病は遺伝で引き起こされる可能性もあると言われています。

僧帽弁閉鎖不全症などはマルチーズ、ポメラニアンなどの小型犬などが遺伝的にかかりやすい病気と言われており、心筋症はグレートデーン、ボクサーなどの

大型犬に多いとされています。

必ずしも、小型犬であるから僧帽弁閉鎖不全症や、大型犬だから心筋症になると言うわけではありませんが、それぞれリスクは高くなるということですので、十分に注意をしなければいけないのは間違いないでしょう。

感染による心臓病

忘れてはいけないのがフィラリア感染による心臓病になります。

フィラリアが心臓に寄生をする事で様々な生体機能の低下を引き起こし、最悪、死に至ることもある恐ろしい病気になります。

予防薬の投与で感染を防ぐことは出来ますが、それでもフィラリア感染が完全になくなっているわけではありません。

愛犬を守るのであれば、必ずフィラリア予防薬の摂取を忘れないようにしましょう。