犬の病気

犬ジステンパー

予防を受けることが大切

犬ジステンパーは予防接種を受けることでリスクを大きく減らすことが出来る病気です。

犬ジステンパーはウィルス感染によって発症する病気で、鼻水、くしゃみ、咳など多く見られます。

また、嘔吐、下痢などの症状もありますので、風邪に近い症状だと思うといいかもしれません。

犬ジステンパーにかかり、命を落とす危険があるのは子犬や老犬など予防接種を受けていない、体力的に少ない犬が多くなります。

予防接種を受けることで、症状の悪化を防ぎ命を守ることが出来ますので、できるだけ犬ジステンパーの予防接種を受けておくようにしましょう。

感染は飛沫感染、接触感染

犬ジステンパーの感染は飛沫感染や接触感染になります。

犬ジステンパーのウィルスを保有している犬との接触、咳などによる飛沫からの感染などが主な犬ジステンパーの感染源になります。

犬ジステンパーに感染しても、予防接種を受けていて、体力のある成犬は無症状、あるいは軽い呼吸器系の症状で済みますが、予防接種を受けていない場合には、発熱などを起こし、最悪、死に至ることのある病気になります。

犬ジステンパー自体に対する有効な治療法は今のところないと言われています。

そのため、発病した犬ジステンパーに対しては抗生物質や点滴などによる症状を抑える治療が主な治療になります。

予防接種でリスクを大きく下げることが出来ますから、出来るだけ予防接種を受けて、犬ジステンパー対策を取るようにしておくといいでしょう。