犬の病気

フィラリア

命に関わる寄生虫

フィラリアは犬の病気の中でも特に知名度の高い病気になります。

蚊を媒介にして感染する病気、感染してしまうと血液の流れなどが悪くなり、最悪、死に至ることになる恐ろしい病気になります。

蚊と言うのは夏場などにはどこにでもいる、ごくごくありふれた虫ですが、犬にとっては危険が多い虫になります。

心臓に寄生をする寄生虫で、最長で28cm程度の長さになります。

それほどに大きな寄生虫が心臓の中に蠢きますから、体の機能が低下するようになります。

フィラリアに感染した犬の症状としては、疲労が激しくなり、呼吸困難、咳、貧血などがあります。

また、毛艶が悪くなり、抜け毛が増えるというのもフィラリアの症状となります。

感染してしまえば、治療は難しくなりますので、感染しないように予防策をしっかりととっておくことがフィラリアを防ぐ唯一の方法だといえます。

フィラリアの予防

フィラリアは対策を取る事で防ぐことができる病気になります。

手間もなく、簡単に防ぐことが出来る病気にも関わらず、愛犬がフィラリアにかかってしまったというのは飼い主の怠慢だと言えるでしょう。

愛犬を守るためにもフィラリアの予防をしっかりと行うようにしましょう。

フィラリアの予防は経口摂取の薬を月に1度飲むというものになります。

毎日飲ませるものではなく、月に一度飲ませればいいものですから、それほどの苦労はないでしょう。

必ず毎月飲ませることでシーズン中のフィラリア感染を防ぐことが出来ます。

仮に飲ませるのを忘れてしまえば、フィラリア感染のリスクを高めてしまうようになります。

愛犬が大事であるのなら、月に一度のフィラリア予防をしっかりと行い、愛犬の健康を守るようにしましょう。