犬の病気

アトピー・アレルギー

実は意外に多いアレルギー

人間も環境によってはアレルギーを起こすことがあります。

食事や生活環境など様々なものに対してアレルギーがあり、有名なところではスギ花粉による花粉症などがアレルギーでも最も有名なものになります。

そのほか、ハウスダストなどによるアレルギーなどもありますが、アレルギーは人間だけのものではありません。

犬にもアレルギーはあります。

アレルギーは体に入った異物を駆逐するために働く免疫作用ですが、この免疫が過剰に反応する事をアレルギー反応と言います。

犬の場合、ノミの吸血によるアレルギーや化学物質との接触によるアレルギーなどがあります。

また、人間のようにハウスダストが原因のアレルギーもありますので、健康管理のためには愛犬がどのようなアレルゲンを持っているのかと言う事を知っておく必要があるでしょう。

アトピー性皮膚炎とアレルギーは相互関係にある

犬のアトピー性皮膚炎の原因になっているのは、主にアレルギーだと言われています。

自宅内に舞う埃。

この埃の中に生息するチリダニ、カビなどに対するアレルギーからアトピー性皮膚炎になります。

患部が炎症を起こし、痒みが出て、犬はアトピーの出ている部分を噛んだり、掻いたりするようになります。

そのまま放置しておくと、大きな怪我や病気の元になりますから、出来るだけ早く治療を行うようにするといいでしょう。

また、アトピー性皮膚炎の場合、治療だけではなく、自宅内の環境改善を行い、アレルゲンとなっている埃を出来るだけ除去するのも忘れてはいけません。

症状が治まっても、アレルゲンがなくなっていなければ、アトピー性皮膚炎は再発しますので、治療と併せて環境改善を行うようにしましょう。